久留米市

このエントリーをはてなブックマークに追加
(仮称)久留米市総合都市プラザイメージ

久留米市は、九州の縦断自動車道と横断自動車道のクロスポイント付近に位置し、筑後平野に広がる美しい自然と筑後川や耳納連山に抱かれた福岡県第3の都市です。

本市には、日本の近代洋画を代表する青木繁や坂本繁二郎、東芝の創始者で「からくり儀右衛門」の名でも知られる田中久重やブリヂストンの創始者である石橋正二郎など、数多くの先達を輩出し、古くから文化芸術・ものづくりの風土が根付いています。

また、ラーメン・やきとり・全国有数の酒どころといった豊かな食文化、全国トップクラスの充実した医療環境など、豊富な地域資源に恵まれています。
これらを最大限に活かし「水と緑豊かな個性と魅力、活力あふれる福岡県南地域の中核都市」を目指しています。

主な創造都市(農村)の取組紹介

市民が主役となった文化芸術活動の一環として、多彩な音楽ジャンルのステージを、市内の複数会場で同時に開催する「くるめ街かど音楽祭」を実施し、従来から市民の間に息づいている音楽文化を活かしたまちづくりを進めることで、市民につながりや癒し、まちに誇りや賑わいをもたらすことを目指しています。

また、『賑わいと憩いが調和する「文化」・「活力」創造空間』という基本理念のもと、「文化芸術振興の拠点」「広域交流促進の拠点」「賑わい交流の拠点」となる(仮称)久留米市総合都市プラザの平成27年度末オープンに向けて取り組みを進めています。

くるめ街かど音楽祭2013

ページの先頭へ