現代芸術の国際展部会

主 旨

現在、日本国内では様々なビエンナーレやトリエンナーレなどの現代芸術の国際展(以下、「国際展」という)が開催されています。 各国際展は、それぞれの地域の特色や文化資源を活かしながら開催することも多く、各地の魅力を発信する機会であると同時に、 文化芸術の持つ創造性が各地の創造的なまちづくりへとつながる等、大きな役割を担っています。

各国際展の組織体制や運営方法は多種多様ではありますが、一方で日本での国際展の歴史が浅いためノウハウの蓄積が十分ではない等、 共通の課題を抱えていることも現状です。そこで本部会を設立し、 国際展開催に携わる自治体や団体の職員等が交流することによりネットワーク化を図り、 課題やノウハウ等の共有をとおして、各国際展の発展的な継続開催を目指し、さらには各開催都市の創造都市政策のさらなる実現へとつなげていきます。

事業内容

  • 各地で開催されている国際展の視察
  • グループディスカッション、ワークショップによる担当者レベルでの課題の共有

《テーマ例》
• ディレクター・キュレーター等の決定方法
• 会場の決定方法と会場間の来場者アクセス
• サポーター、ボランティアの参画
• 広報戦略の考え方
• 海外への発信方法
• 文化プログラムにおける国際展の位置づけ

  • その他、有識者等による研修や講演の開催等

対象

創造都市ネットワーク日本に参加している自治体や団体のうち、国際展の開催に携わっている、または携わる予定の自治体や団体

沿革

平成28年2月 平成27年度 創造都市ネットワーク会議において現代芸術の国際展部会の設置が承認される。
平成28年8月 現代芸術の国際展部会 部会設立ミーティングが名古屋市にて開催される。

参加団体

国際展部会参加団体:横浜市、新潟市、十日町市、香川県、高松市、札幌市、京都府、神戸市、さいたま市、名古屋市、大分県(受付順) 平成29年6月12日現在

新たに参加をご希望される団体は、下記までお問合せの上、提出書類を送付ください。

参加申込等

(A) 提出書類
「現代芸術の国際展部会への参加届」
 現代芸術の国際展部会の設置に関する要綱 様式1

(B) 提出先 横浜市創造都市推進課
bk-ccnj@city.yokohama.jp

ページの先頭へ