神奈川県

このエントリーをはてなブックマークに追加
県内で最初の国登録有形文化財で、「キングの塔」の愛称で親しまれている神奈川県庁本庁舎

神奈川県は日本列島のほぼ中央に、また関東平野の南西部に位置し、北は首都東京都に接し、東は東京湾に、南は相模湾にそれぞれ面し、西は山梨、静岡の両県に隣接しています。

神奈川には、武家政権発祥の地・鎌倉、東海道の要所・箱根、近代日本開国の地・横浜をはじめ、ユネスコ無形文化遺産のチャッキラコなど漁村文化を有する三浦・城ヶ島、江戸時代に「大山講」で賑わった大山街道、平安時代に相模の国府が置かれた大磯など、歴史や文化に彩られた地域が数多くあります。また、人形芝居や地域固有の舞踊など、さまざまな伝統文化が先人から受け継がれ、県民共通の貴重な財産としてはぐくまれています。

「真にゆとりと潤いの実感できる心豊かな県民生活の実現」、「個性豊かで活力に満ちた地域社会の発展」を基本目標に掲げ、文化芸術の振興をより一層進め、神奈川が県民の皆様をはじめ広く国内外の人々をひきつける県となるよう取り組んでいます。

主な創造都市(農村)の取組紹介

神奈川県では、「かながわ文化芸術振興計画」内の基本目標を実現するため、国際間、地域間、学校、芸術文化団体等様々な主体との「連携」・「協働」を進め、県立文化施設の機能を生かした神奈川ならではの文化を「創造」するべく、次の重点施策に取り組んでいきます。

1 地域の伝統的な文化芸術の保存、継承、活用

  • 文化資源や伝統芸能を活用した文化芸術の発信
  • 伝統芸能を支える技術・技能の継承者の育成・支援

2 次代を担う子ども・青少年の文化芸術活動の充実

  • 創作活動の支援
  • アウトリーチの展開
  • ワークショップ等の体験活動の充実
  • 効果的な取組みの促進

3 国際文化交流の充実

  • 神奈川の文化芸術の海外発信
  • 三県省道等の文化交流事業の推進

4 文化芸術事業の発信力の強化(マグカル※のブランド力の向上)

  • 神奈川発のコンテンツの創出
  • 「マグカル」の全県展開
  • パフォーミングアーツ人材の育成

※神奈川県では、神奈川の文化芸術の魅力で、人を引き付け、地域に賑わいをもたらす、マグネット・カルチャー、略して「マグカル」事業を展開しています。

5 文化芸術の振興を図るための環境整備

  • 県立文化施設(ホール、劇場等)の計画的な維持・保全等
  • 施設の機能としての人材育成

国指定重要無形民俗文化財(ユネスコ無形文化遺産代表一覧記載)チャッキラコ(カナガワ リ・古典プロジェクト 2014「江の島まうで 舞をどり」より)

ページの先頭へ