熊本市

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊本城と桜の馬場城彩苑

九州のほぼ中央に位置する政令指定都市熊本市は、伝統ある歴史や文化、清らかな地下水と緑に恵まれ、快適な都市機能と豊かな自然が調和する人口74万人の都市です。

市の中心部には、日本三名城のひとつといわれる熊本城が勇壮な姿を誇り、そこから広がる街並みは緑豊かで、現代の賑わいの中に城下町の風情を残しています。

また、水道水を100%地下水で賄うなど、豊富で良質な地下水に恵まれており、市内に点在する湧水源では歴史ある回遊庭園から憩いの水場まで、様々な湧水の情景を楽しむことができます。

美しい地下水を守るための自治体と企業・住民協働の水保全に対する取り組みが国連でも高く評価され、2013年に日本で初めて「国連“生命の水”最優秀賞」を受賞しました。熊本市は、豊かな水から生まれる豊富な農水産物と、熊本城を中心とした歴史に育まれた文化を楽しんでいただける街です。

主な創造都市(農村)の取組紹介

平成22年3月に文化芸術を振興するうえでの目標とその実現に向けた取り組みを明らかにした「熊本市文化芸術振興指針」を策定し、市民、民間団体、地域、企業、行政などの様々な主体がそれぞれの特性を活かして連携・協同しながら、取り組みを進めています。

また、平成27年10月には、芸術文化を活かしたまちづくりについて協議を行うため、「熊本市芸術文化会議」を設置しました。

また、中心部に位置する熊本市現代美術館では、現代美術を中心とした美術館として、国内外の水準の高い企画展を開催するとともに、美術の調査研究や地域に根ざした教育普及活動を実施しています。

俳人夏目漱石を顕彰し、漱石が4年3ヶ月暮らした街「熊本」の都市の魅力と俳句を国内外に発信する「草枕」国際俳句大会や熊本が生んだ地歌三絃界の名人長谷検校を顕彰した邦楽の総合コンクール「くまもと全国邦楽コンクール」はともに20年を超える歴史があります。特に、くまもと全国邦楽コンクールは我が国の内外で活躍する若手演奏家を多く輩出するなど全国的にも高い評価を受けるコンクールへと成長しています。

中心市街地を駆け抜ける熊本城マラソンの風景(毎年2月開催)
熊本市現代美術館で開催された企画展「天野喜孝展 想像を超えた世界」

ページの先頭へ