松戸市

このエントリーをはてなブックマークに追加
PARADISE AIR(パラダイスエア) 松戸駅徒歩2分の場所にある元ホテルの部屋を芸術家の滞在制作拠点として、一般社団法人PAIRが運営しています。

千葉県の北西部に位置し、江戸川を隔てて東京都と隣接しています。人口は約48万人、市域面積61.38k㎡の中に鉄道6路線23駅あり、駅を中心に商店街や住宅街が形成され、生活の利便性が高い都市を形成しています。

市内には、国指定重要文化財の「旧徳川家松戸戸定邸」、名勝指定の「戸定邸庭園」、市指定無形民俗文化財の「松戸の獅子舞」、松戸神社の「神幸祭」など歴史的に価値の高い文化資源があります。

近年は、「文化の香りのする街」の構築に向けて、文化芸術、国際交流、観光振興を一体的に捉えて地域や経済の活性化施策の展開を目指しています。

主な創造都市(農村)の取組紹介

平成26年3月に「松戸市文化芸術振興基本方針」を策定し、教育行政による文化施策に加え、文化芸術を機軸とした産業振興や観光振興、地域活性化といった創造都市に向けた取組を開始しました。

日常の生活の営みそのものを文化や芸術と捉えて、豊かな表現に満ちた「暮らしの芸術都市」を創造する試みを行っています。

「一宿一芸」のアーティスト・イン・レジデンス

松戸駅西口徒歩2分の好立地にあるパチンコ店「楽園」の協力のもと元ホテルであったパチンコ店のビルの2フロアを「PARADISE AIR」という松戸宿の歴史伝統を踏まえた「一宿一芸」をコンセプトとする、アーティストの国際的な滞在制作拠点とクリエイターのアトリエを運営しています。「ロングステイ・プログラム」と「ショートステイ・プログラム」の2つの滞在プログラムがあります。2020年には日本を代表するアーティスト・イン・レジデンスを目指しています。

歴史文化資源の新たな魅力発信

最後の水戸藩主であった徳川昭武の屋敷、戸定邸で行われる「戸定アートプロジェクト」では、フレンチジャズのコンサートや、同公園内の松雲亭では、将軍名代としてパリ万博に参加した昭武は各国元首から晩餐会に招かれ、帰国後、明治時代の記録を元に整えた料理を楽しむイベントなどを開催しています。また、「Japan Pop Culture Carnival 」と題し、戸定歴史公園をはじめとする歴史文化資源を撮影場所にしたコスプレイベントを開催し、ポップカルチャーイベントとしての集客だけでなく、参加者により新たな切り口で松戸の魅力を発信しています。

公園を舞台とした創作・表現活動

東京ドーム11個分の面積を有する「21世紀の森と広場」では、公園を“シアター”に変貌させる「ドコでもシアター」を定期的に開催し、秋には新進気鋭の芸術家による彫刻作品を展示する「SiTE」展を毎年開催しています。また、松戸駅に隣接する松戸中央公園で実施する「アートパーク」では、大学と地域の保育所や子育てサポートのNPOなどの団体が協力して、子供たちの創造性を育み、場所や活動の記憶を残す取り組みを行っています。

コンテンツ産業の振興

本市は過去コンテンツ事業者が創業・立地してきた経緯があり、暮らしの芸術都市の取り組みにより、多くの若手アーティストやクリエイターが移り住んでいることから、企業のみならず専業・兼業の個人クリエイター、また潜在的なアマチュアまで含めた層の厚いコンテンツ産業を市内に形成し、さらに異業種・海外への展開によるコンテンツ産業の収益向上を図ることで、創造産業の中で質の高い雇用を創出する取り組みを行っています。

アートパーク 松戸中央公園の樹木等の歴史的な形態を活かし、、子供たちの創造性を育み、場所や活動の記憶を残す取り組みです。
Japan Pop Culture Carnival (ジャパン・ポップカルチャー・カーニバル)と題して、市内さまざまな場所でコスプレイベントを開催し、松戸の魅力を発信しています。

ページの先頭へ