大分県

このエントリーをはてなブックマークに追加
大分県立美術館

大分県では、国東市・豊後高田市の国東半島芸術祭、別府市の 別府アルゲリッチ音楽祭、別府現代芸術フェスティバル「混浴温 泉世界」(平成28年度からは「in BEPPU」)、竹田市の竹田アート カルチャーなど県内各地で特色ある芸術文化の取組が広がって います。

平成27年4月には県立美術館が開館し、県立総合文化 センターとともに、県内の芸術文化振興の拠点となる「芸術文化 ゾーン」が完成しました。 さらには、平成30年には、国民文化祭、 全国障害者芸術・文化祭の本県開催が内定しています。

主な創造都市(農村)の取組紹介

大分県では、開館する県立美術館と隣接する県立総合文化センターの両施設を「芸術文化ゾーン」として、県内の芸術文化団体や施設等と連携を図るとともに、芸術文化の持つ創造性を、教育、産業、福祉、地域づくりなど様々な分野に活かそうとする取組を進めています。

主な事業

みんなの芸術文化体験事業(H26~)

福祉施設へアーティストを派遣し、ワークショップを開催しています。

in BEPPU(H28~)

大分県別府市を舞台に開催する、個展形式の芸術祭です。国際的に活躍する1組のアーティストによる、地域性を活かしたアートプロジェクトを毎年秋に実現します。

in BEPPU (外部サイト)
国東半島芸術祭作品 【川俣正 『説教壇』】

ページの先頭へ