横浜市芸術文化教育プラットフォーム・学校プログラム 2・3月は14校で、美術やダンスなどを実施!

2016.1.28

図1.png

  学校教育とアートをつなぐ「横浜市芸術文化教育プラットフォーム・学校プログラム」は、プロのアーティストが直接学校に出向いて、子どもたちが実際に文化芸術の体験をすることにより、未来の横浜を担う人材としての表現力やコミュニケーション力等を身につけることを目指し、実施します。今年度は136校で実施予定です。2・3月は市立小学校11校、中学校1校、特別支援学校2校の計14校で授業を行います。

1 ピックアッププログラム

 学校プログラムで美術の取組みも多数行われています。造形やアニメーション制作など、多種多様なプログラムが展開されています。

 3月17日、18日、22日に実施予定の上の宮中学校では、横浜美術館のコーディネートで映像の取組みを行います。「キネカリグラフィ」という映像制作の手法を体験し、映像の原理や歴史を学びつつ、表現の多様性に触れる内容です。アーティストと交流する機会となる本プログラムは、社会と芸術の関わりを学ぶ場にもなります。

2 2・3月の学校プログラム実施予定

 14校で実施します。

 実施校については、こちらをご覧ください。http://y-platform.org/index.html

 【参考】平成27年度担当コーディネーター一覧

 学校プログラム実施にあたり、アーティストと学校をつなぐコーディネート団体として、本年度は37の芸術団体(アートNPOなど)・地域の文化施設が連携し、取り組みを行います。

◆アートNPO・芸術文化団体(12団体)

アートの時間/NPO法人 横浜こどものひろば/NPO法人 あっちこっち/NPO法人 横浜シティオペラ/ART LAB OVA/公益財団法人 神奈川フィルハーモニー管弦楽団/NPO法人 Offsite Dance Project/企業組合Media Global/NPO法人 芸術家と子どもたち/民族歌舞団 荒馬座/NPO法人 子どもに音楽を/よこはま音楽広場実行委員会

◆地域の文化施設(24団体)

鶴見区民文化センターサルビアホール/横浜能楽堂/神奈川区民文化センターかなっくホール/横浜にぎわい座/港南区民文化センターひまわりの郷/横浜赤レンガ倉庫1号館/旭区民文化センターサンハート/横浜市民ギャラリーあざみ野/磯子区民文化センター杉田劇場/横浜市民ギャラリー/緑区民文化センターみどりアートパーク/横浜市市民文化会館関内ホール/青葉区民文化センターフィリアホール/吉野町市民プラザ/戸塚区民文化センターさくらプラザ/岩間市民プラザ/栄区民文化センターリリス/久良岐能舞台/泉区民文化センターテアトルフォンテ/象の鼻テラス/横浜美術館/急な坂スタジオ/横浜みなとみらいホール/神奈川県立音楽堂

◆事務局(1団体)

NPO法人 STスポット横浜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ