札幌国際芸術祭2014の開催について

2014.4.23

 世界的に著名なアーティストである坂本龍一氏をゲストディレクターに迎え、「創造都市さっぽろ」の象徴的な事業として、7月19日から9月28日の72日間、札幌初の国際的なアートフェスティバル「札幌国際芸術祭2014」を開催します。
 開催テーマは「都市と自然」。
 これからの都市と自然の共生のあり方を考える国際芸術祭として、世界で活躍する現代アーティストたちが参加し、市内各所では様々なプロジェクトなどが展開されます。
 美術館はもちろん、札幌全体が芸術祭の舞台となります。

「札幌国際芸術祭2014公式HP」 http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/

名称

札幌国際芸術祭2014(Sapporo International Art Festival 2014)
※略称:SIAF(サイアフ)2014
siaf _fb_profile.jpg

開催テーマ

《テーマ》 「都市と自然」
《サブテーマ》 「自然」「都市」「経済・地域・ライフ」

ゲストディレクター

坂本 龍一

RyuichiSakamoto.jpg
                                ©2011 Kab Inc.
                           Photography by Rama

開催期間

2014年7月19日(土)~9月28日(日) ※72日間

主な会場

北海道立近代美術館
札幌芸術の森美術館
札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)
北海道庁赤れんが庁舎
モエレ沼公園
札幌市資料館
札幌大通地下ギャラリー500m美術館 ほか

札幌国際芸術祭2014の特徴

 「札幌国際芸術祭2014」では、「地域」がホストとなり、札幌の歴史・風土、インフラ、産業、食をはじめとするライフスタイルなどにも焦点を当て、ゲストディレクターが熟慮した開催テーマのもと、共に国際芸術祭を作り上げていきます。
 札幌の自然や街並み、公園、歴史的建造物、地下歩行空間が舞台となるこの芸術祭において、ゲストディレクターである坂本龍一氏には、新たなアイデアや世界的な観点を導入していただき、アソシエイト・キュレーターが空間を構成する展覧会や、市内各所で展開するアートプロジェクトなどを総合的に監修いただいています。

札幌国際芸術祭2014が目指すもの

 「札幌国際芸術祭2014」では、北海道・札幌の都市・環境的課題や過去の歩みをアートとしてふりかえることで、自然、都市のあり方、経済、暮らしを模索し、都市と自然との共生のあり方を問います。
 会期中に訪れた人々は、芸術祭の様々な舞台へと出掛け、現代アートを中心に、音楽、パフォーミング・アーツ、メディア・アートといった各種プログラムを楽しみ、ワークショップなどに参加しながら、地域に触れて、様々な人と交流します。それは、未来を展望する機会を創出する芸術祭を体感することへとつながります。

主催

創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会

 

 

ページの先頭へ