三大クラフトイベントを同時期に開催します

2016.9. 9

富山県高岡市は、高岡銅器と高岡漆器に代表されるものづくりのまちとして発展してきました。約400年前、加賀藩二代藩主前田利長公が高岡城に入城し、高岡のまちを開きました。長い歴史の中で受け継がれてきた「ものづくりのわざと心」が今もなお脈々と息づいています。先人がつくりあげ洗練させてきた「ものづくりの技」を継承しつつ、アルミ、化学・薬品、紙・パルプなどの近代工業がこの地に根付いています。

そんなものづくりのまち高岡で、今年は、「工芸都市高岡2016クラフト展」「高岡クラフト市場街」「金屋町楽市inさまのこ」の3大クラフト系イベントが同時期に開催されることとなりました。

市内の各エリアでは、歴史あるまちを舞台に、全国から集まった選りすぐりのクラフト作品の展示・販売のほか、食とクラフトのコラボ・ものづくり体験、職人が案内する工場見学など、多彩な催しが開催されます。この機会に、ぜひ高岡市にお越しください。

先行チラシ最終(表).jpg先行チラシ最終(裏).jpg

【工芸都市高岡クラフト2016展】

期間:9月22日(木)~26日(月)(26日は午後5時まで)

会場:大和高岡店4F展示場

30回を迎える今年は、全国の作家から寄せられた金属、漆、ガラス、テキスタイルなどの優れた作品を展示。クラフトやものづくりの魅力をお届けし、同時にお気に入りの作品の購入も可能な、見て、触れて楽しめる展示会です。

クラフト展.JPG

http://www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/craft/

【高岡クラフト市場街】

期間:9月22日(木)~26日(月)

会場:高岡駅/駅前地下街、御旅屋通り、山町筋、金屋町など

今年のキャッチは、「歩いて、話して、食べて、このまちと、ひとを好きになる。」全国と地元の作家、さらに学生によるクラフト作品や地場産業製品の数々が、20を超えるイベント、40か所以上のスポットでお楽しみいただけます。「観る」「買う」「体験する」「食べる」の4つの切り口で、高岡のまちとひとの魅力を満喫してください。

work.jpg

ichibamachi.jp

【金屋町楽市inさまのこ】

期間:9月24日(土),25日(日)

会場:金屋町石畳通り周辺

高岡鋳物発祥の地であり千本格子(さまのこ)と石畳の素晴らしい景観が残る金屋町一円を使った「町並み美術館」です。今年度は「暮らしの光2016」をテーマに豊かさを醸し出す時空間について展望します。お茶会や着物ファッションショーなども開催されます。

  17-8959.jpg

http://www.kanaya-rakuichi.jp/

ページの先頭へ