大伴家持生誕1300年記念イベントを開催します

2017.9.25

高岡市は奈良県、大阪府等の関西地区と並ぶ全国屈指の万葉故地です。

これまで、国内初の万葉研究施設「高岡市万葉歴史館」を万葉のふるさとづくりの中核施設として位置づけ、万葉関連のイベントの主要事業として古城公園で高岡万葉まつりを開催するなど、大きな成果を挙げてきました。

万葉の歌人、大伴家持は西暦718年に生まれたと言われており、国守として、そして1人の歌人として、高岡の地で多くの歌を詠みました。

平成29年は大伴家持生誕から数えで1300年を迎えることから、大伴家持生誕1300年記念イベントを開催します。

大伴家持[1].jpg

「大伴家持と妻・坂上大嬢の夫婦像」高岡市万葉歴史館正面入口前

 

「大伴家持生誕1300年記念 演劇・大伴家持『剣に歌に、夢が翔ぶ』」(チケット発売中!)

歌人として輝いた越中時代から、都に帰り「奈良麻呂の変」までの最も華やかしきドラマチックな時代にスポットを当てます。

政治や歌の世界で描いた夢は何だったのか。その波瀾万丈のヒューマンドラマが始まります。

大伴家持:和泉元彌さん

DSH_0044-23[1].jpg

坂上大譲:とよた真帆さん

とよた真帆C入り++[1].jpg

坂上郎女:池上季実子さん

池上1[1].jpg

<高岡公演>11月26日(日)午後3時~午後5時/高岡市民会館

<東京公演>12月  5日(火)午後7時~午後9時/なかのZERO大ホール

<越前公演>11月28日(火)午後7時~午後9時/越前市文化センター

<金沢公演>11月30日(木)午後7時~午後9時/金沢市文化ホール

詳細については、高岡市ホームページをご覧ください。

 

 

「大伴家持生誕1300年 記念セレモニー」

演劇のメインキャストの二人、和泉元彌さんと、とよた真帆さんをお招きして、越中国庁があったとされる重要文化財勝興寺において記念セレモニーを開催します。

日時:10月1日(日)午後1時30分~午後3時

場所:勝興寺(高岡市伏木古国府17-1)

・オープニングアトラクション

 「ふるさと高岡」合唱  「二上山の賦」独唱

・トークセッション

 和泉元彌さん、とよた真帆さん、高岡市万葉歴史館館長 坂本信幸氏、高岡市長 高橋正樹

・フィナーレ

 「かたかごの花」合唱

DSC_1925[1].jpg

そのほかにも、いくつか関連イベントを開催します。

詳しくは高岡市ホームページをご覧ください。

ページの先頭へ