「文化プログラム」に向けたシンポジウム

2015.6.16

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、来年2016年秋から4年間にわたり全国で展開予定の「東京五輪『文化プログラム』」について、現在、首都圏を中心に様々な議論が行われています。
 この「文化プログラム」に「オール新潟」で取り組み、交流人口拡大や地域経済活性化といった五輪効果を最大限引き寄せることができるよう、このたびのシンポジウムを企画しました。

開催概要
日時 平成27年7月11日(土)午後2時~4時 ※午後1時30分開場
会場 ホテルイタリア軒 3階 サンマルコ(新潟市中央区西堀通7番町1574)
内容 
◎基調講演
演題:「東京五輪『文化プログラム』が始まる~2020年東京五輪で新潟はどうなるのか~」
講師:太下義之氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱経済・社会政策部社会戦略研究グループ兼芸術・文化政策センター主席研究員/センター長)
演題:「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びその後を見据えての文化庁の取組について」
講師:富田大志氏(文化庁長官官房政策課/文化プログラム推進企画官)
◎各団体の取組とパネルディスカッション
パネリスト:
能登剛史氏(新潟総踊り祭実行委員会/副会長)
正野圭治氏(独立行政法人 国際交流基金/企画部総合戦略課長)
山本典子氏(公益財団法人 東日本鉄道文化財団/事業部担当課長)
加藤種男氏(公益社団法人 企業メセナ協議会/専務理事・代表理事)
モデレーター:
太下義之氏
定員 先着200名(入場無料)
申込 氏名、電話番号を記入のうえ、FAX、E-mail、ハガキにてお申込みください。
※1回の申込みで4名様まで可。下記ホームページからも申込可。
http://www.city.niigata.lg.jp/kanko/bunka/bunka_program/150711sympo.html
申込先 新潟市文化政策課(文化プログラム担当)
FAX:025-230-0450
E-mail:bunka@city.niigata.lg.jp
ハガキ:〒951-8550 新潟市文化政策課(文化プログラム担当)宛(住所記載不要)
主催 新潟市、新潟市文化・スポーツコミッション
chirashi-3.jpg

ページの先頭へ