慶長遣欧使節出帆400年記念、オペラ「遠い帆」を新国立劇場で再演します

2014.8. 6

 「遠い帆」は、歌曲から管弦楽曲までクラシックを幅広く手掛けた作曲家で、文化功労者の故・三善晃氏(2013年10月逝去)が作曲した唯一のオペラ作品で、今回は14年ぶりの東京公演です。
 仙台市の委嘱作品として1999年に初演された「遠い帆」は、1613年に仙台藩主・伊達政宗が、支倉常長(はせくらつねなが)ら慶長遣欧使節を日本の外交使節として初めてヨーロッパへ派遣した史実に基づき、時代に翻弄されながらも運命をしかと受け止める支倉常長の気高き人間性を描いており、「和製オペラの代表作のひとつ」として高く評価されています。
 慶長遣欧使節出帆400年にあたる2013年6月には、関係資料がユネスコ記憶遺産に登録されるなど大きな話題があり、同年12月に行われた仙台公演は大成功を収めました。

 三善晃の精緻かつ重厚で息をつかせぬ音の連なりと、脚本を担当した詩人・高橋睦郎による研ぎ澄まされた言葉の数々で構成された世界観を、ドイツの歌劇場の専属歌手として活躍し、日本人として初めて宮廷歌手の称号を獲得した小森輝彦が歌い上げるのを筆頭に、国内外で活躍するソリスト、市民合唱団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、俳優、スタッフほか総勢約300人が、岩田達宗による新たな演出で表現する、濃密かつ圧巻の舞台に、どうぞご期待ください。

オペラ「遠い帆」2014年公演 概要

期日/ 2014年8月23日(土) 開演15:00
             24日(日) 開演15:00
            ※両日とも14:15より演出家他によるプレ・トークを実施
会場/ 新国立劇場 中劇場
チケット/入場料:全席指定 S席12,000円、A席10,000円、B席8,000円、Z席(公演当日限定販売)1,600円
プレイガイド/新国立劇場ボックスオフィス(03-5352-9999)、チケットぴあ(Pコード227-369)ほか
スタッフ/総監督:宮田慶子(新国立劇場演劇芸術監督) 
     指揮:佐藤正浩    演出:岩田達宗 ほか
出 演/支倉六右衛門常長:小森輝彦   ルイス・ソテロ:小山陽二郎
     徳川家康:井上雅人  伊達政宗:金沢平  影:平野雅世
     合唱:オペラ「遠い帆」合唱団 児童合唱:NHK仙台少年少女合唱隊
     管弦楽:仙台フィルハーモニー管弦楽団ほか

公演に関するお問い合わせ 東京コンサーツ 電話:03-3226-9755 仙台市市民文化事業団 電話:022-727-1875
ホームページ http://www.toiho.info   チラシ toiho.pdf

 

ページの先頭へ